当社の健康黒ニンニクは、青森県産の有機栽培の『ホワイト6片』を、当社熟成工場で約1か月間熟成させてつくられたものです。 健康黒ニンニクは熟成・発酵されていますので、甘く、まるでプルーンのような食感で、ニンニク特有のニオイもありません。 抗酸化力も通常のニンニクより約10倍も高まり、がん予防効果のあるS-アリルシステイン、ポリフェノール、アミノ酸など の成分も数倍から数十倍にまで増加することも確認されています。 また、ビタミンやミネラルなどをはじめ、含硫アミノ酸のシクロアリイン、強力な殺菌力があり、 元気の源になるアリシン、滋養強壮剤成分のスコルニジンなど、多くの有効成分が含まれています。
デザイナーフーズ計画 (designer foods project) は、1990年代、アメリカ国立癌研究所 (NCI) によって2000万ドルの 予算でがんを予防するために、フィトケミカル(通常の身体機能維持には必要とされないが、健康によい影響を与えるかも しれない植物由来の化合物)を特定して加工食品に加える目的で開始されたました。 デザイナーフーズ計画では、がん予防に有効性のあると考えられる野菜類が40種類ほど公開されました。それらの食品群 トップに君臨するのがニンニクなのです。
弘前大学 佐々木教授の動物実験によると、発酵された黒ニンニクは癌予防だけでなく、 癌そのもの自体を駆除する働きがあることが分かりました。 実験によるとマウスに癌細胞を移植後、発酵黒ニンニクから抽出した成分を注射器で投与し、 3週間後に癌の大きさを比較したところ、5匹中2匹のマウスの癌が完治し、他3匹の癌細胞も 実験前と比較して4割程度に小さくなったということです。 生ニンニクを使用した実験では約6割の大きさには縮小されましたが、完治はしなかったようです。 ニンニクの成分それ自体が癌を駆除するというよりも体内のNHキラー細胞を活性化することで、 結果的に癌細胞を駆除していると推測されています。